002: デジタル機器利用支援

視覚障害者のデジタル機器利用における支援方法に関する研究

菊地智明(代表), 尾形真樹, 石垣恵津子

視覚障害者が利用可能と思われる、デジタル機器、ソフトウェア、アプリなどが数多く存在するにも関わらず、視覚障害者の中には、それらの情報を知らないものが多いように思われる。また、それらの情報は知っていたとしても、その具体的な操作法について学ぶ機会も限られているように思われる。したがって、それらの情報を視覚障害者が理解しやすいように提供し、それらの具体的な操作方法についても理解しやすいように伝えることで、日々の生活で感じる不便さを解消する手段の一つとして、デジタル機器を活用できるようになると考える。